脱サラ,成功,条件,

このエントリーをはてなブックマークに追加   

脱サラして成功するための条件

どうせ脱サラするなら偉大なる成功を収めたいものだ。

 

 

そう考えている人は多いだろう。その考えは本当に正しいし、成功は収めなきゃダメだ。成功してこそ価値がある。そしてあなたは間違いなく成功できる人物だ。

 

 

 

行動を間違えなければね。

 

 

 

脱サラして成功する人は最初に始めるビジネスを間違えない。

 

 

 

脱サラで成功しやすいビジネスの条件を挙げると以下のとおりだ。

 

 

・利益が出やすい

 

・在庫リスクがない

 

・開業初期コストがあまりかからない

 

・仕事がそこまで大変ではない

 

 

 

この条件を全て満たすビジネスが最高だね。こういうビジネスを最初に始めている人は成功確率が高い。俺も買取専門店を始めて成功して、多角化できたわけだしな。

 

 

 

では、なぜこれらの条件を満たしているビジネスが理想的なのか理由をご説明させて頂く。

利益が出やすい

率直に言ってしまうと利益は高い方が良い。

 

脱サラして成功するための条件

 

これはとても単純な話で、利益が出やすいビジネスほど成功確率が高いだからだ。やっぱりビジネスには成功しやすいビジネスと成功難易度が高いビジネスが存在する。

 

 

 

例えばパン屋は成功難易度が高いビジネスだ。

 

 

 

なぜかと言うと利益が出にくいから。パン屋は毎日朝3時頃に起きて生地を作る必要があるし、店舗の維持費や人件費がかかる。店舗維持費や人件費は仕方ないことだが、余ったパンは在庫になるから捨てる必要がある。

 

 

 

捨てないで安売りすると自分の首を絞めることになる。

 

 

何故かと言うと客がパンの安売り時にしか買わなくなるからだ。だから作りすぎてしまったパンは捨てるしかないし、捨ててまた新しく毎日パンを作り続ける必要がある。

 

 

当然のことながらこの繰り返しだ。

 

 

 

パン屋は儲けるのが難しいよ。パンを1個作るのもお金がかかるわけだし、余ったパンは在庫になる。こういう風に成功が難しいビジネスは確かに存在するので、脱サラして成功したければ儲かるビジネスを狙った方が良い。

 

 

 

俺が最初からパン屋を始めていたら今の成功はなかっただろうな……。

 

 

 

利益がでやすいビジネスは固定費が低いビジネスだ。あまり家賃代がかからなかったり、少ない売上高でも利益が出るビジネスが理想だな。

在庫リスクは絶対にない方が良い

ビジネスで問題となるのが在庫。

 

 

俺はコンビニも経営しているから分かるのだが、本当に在庫というのは厄介だ。

 

 

 

例えばコンビニの場合売れ残った商品は自分で買い取る必要があるんだよ。弁当とかは売れ残ることが多いから毎日コンビニ弁当というのも少なくない。

 

 

 

コンビニのように毎日在庫が発生するビジネスだと確実に無駄になる商品ができる。この無駄になった商品は仕入れた分だけ赤字になってしまうのだ。

 

 

 

だから究極的には在庫がないビジネスが良い。

 

 

 

買取専門店は在庫がないから最高なんだよね。

 

 

 

買取専門店は客から物を買い取るのだが、換金できるものしか買い取らない。だから在庫なんか絶対に残らないし在庫リスクに悩まされることもない。

 

 

 

在庫リスクはない方が良いに決まっているんだ。

 

 

なぜなら在庫は金を奪っていくからだ。例えば車を売るビジネスを始めたとして、その車が売れなかったら毎月金を奪っていくだけの存在となる。車を維持する駐車場代もかかるしメンテナンスも必須だ。

 

脱サラ,成功,条件,

 

在庫があるビジネスで成功するのは難しいよ。脱サラして成功している人は在庫リスクがないビジネスで成功を収めた人達ばかりだね。

初期コストはかからない方が将来的にも有利

初期コストとは開業資金のことだ。

 

 

開業資金はかからない方が有利に決まっているんだよな。何故かと言うと最初から莫大な資本が必要になるビジネスだと参入障壁が高いし、そもそも脱サラできないからだ。

 

 

 

借金をするという手もあるが、あまりにも多額の借金をするのは怖いだろう?

 

 

 

俺は買取専門店からスタートしたが買取専門店は本当に良いぞ。

 

 

 

特に銀座パリスは最高だね。銀座パリスは開業初期コストが11万円でも可能だから、凄く開業しやすい。

 

 

銀座パリス

 

 

開業しやすさ、脱サラのしやすさはメリットではあるが、もう1つメリットが存在する。

 

 

 

それは拡大がしやすいこと。

 

 

より収入を高めたければビジネスを拡大するのが一番だ。でも一店舗開業するのに1000万近くかかるビジネスだとなかなか拡大戦略を取るのは難しい。

 

 

 

でも、銀座パリスだと簡単だね。

 

 

だって初期費用が少ないんだから一店舗成功させればガシガシ多店舗展開して更に売上を増やすことができる。俺はこの方式で買取専門店を成功させた。初期コストがかからないというのは拡大・発展しやすいということにも繋がるのだ。

 

 

 

コンビニだとなかなかそれができないからなー。まあ、最初は脱サラするなら初期コストはかからないに越したことはないお持って欲しい。

 

仕事が大変だと辛いぞ!

仕事は楽な方が良い。これは事実だ。

 

 

なぜかと言うと仕事が大変だと辛いからだ……。

 

脱サラ,成功,条件,

 

「何を言っているんだ? 仕事が大変なのは当たり前だろう?」という人もいると思う。

 

 

 

うん。まあそうなんだけど、でも実際に楽なビジネスはあるよ。

 

 

 

コンビニは大変。

 

 

買取専門店は楽だな。

 

 

コンビニはフランチャイズ契約で必ず24時間営業をしなくちゃいけないから、24時間営業を続けるための人材を用意する必要がある。ほとんどがバイトだがバイトが集まらなかったら自分がレジ打ちをする必要がある。

 

 

 

中にはオーナーなのに1日12時間もレジ打ちをしている人もいるな。

 

 

 

こういう仕事は本当に大変だ。大変な仕事だとバイトも定着しないし、常に人材を募集し続ける必要がある。これが大変だしキツくて仕方ない。

 

 

でも、楽な仕事だとどうだろうか?

 

 

買取専門店は楽だ。一日に数人の客を接客すれば良いだけだし、それだけで十分儲かる。一日に十万円以上利益が出るというのも珍しくないよ。

 

 

 

空き時間は当然多い。だから仕事自体が楽だし、空き時間を活用して色々なビジネス展開の案をじっくり練ることもできる。楽な仕事だと人材も定着しやすいね。

 

 

 

特にある程度の年齢になってくると間違いなく体力は落ちるから、大変な仕事はできるだけ避けた方が良い。過労で倒れたりしても仕方ないしな。忙しいというのもリスクの一つだよ。

これらの全ての条件を満たしているのが買取専門店だ

脱サラして成功したい人は買取専門店から始めるのが絶対に良い。

 

 

買取専門店は先ほど解説した理想的な条件を全て満たしている。

 

 

利益は出やすいし在庫リスクは絶対に発生しない。銀座パリスだったら初期コストはほとんどかからないし仕事も楽だ。

 

 

まさに脱サラを成功させるのに理想のビジネスだと言えるだろう。

 

 

銀座パリスで独立開業!資料請求無料!

 

 

本気で脱サラを成功させたいのならビジネスはしっかり選択すべきだ。銀座パリスは成功しやすいビジネスであるのは間違いないね。

脱サラする最適な方法ランキング!

【1位 BMフランチャイズで資料請求】

関連ページ

脱サラ起業ならフランチャイズが良い!
脱サラ起業をするならフランチャイズが良いぞ! 脱サラ起業の成功確率が大きくアップするのが魅力だ。
脱サラとは一体なんなのか
脱サラとは、サラリーマンや公務員がムカつく会社の奴隷から逃れることを言う。
独立・起業する6つのメリット
サラリーマン生活から抜けだして独立・起業して成功を収めた俺が、起業するメリットについて語らせて頂く。起業は本当に良いぞ!
脱サラの成功例
脱サラして成功した例をご紹介させて頂く。脱サラで成功している人はやはりフランチャイズに加盟している人が多い。
フランチャイズで起業するのは本当に良いのか?
起業を検討する人はフランチャイズ加盟を考える人が多いが、俺はフランチャイズで起業するのが理想だと思っている。
脱サラで失敗する人の特徴
脱サラで失敗する人の特徴はなんだろうか? 脱サラで失敗する人の特徴について解説する。
脱サラしてフランチャイズで成功するには?
脱サラしてフランチャイズで成功するのに必要な情報を載せている! そして成功率が高いフランチャイズもご紹介しているぞ!
脱サラしてフランチャイズで失敗する理由
脱サラしてフランチャイズで失敗する理由を載せている! 逆に言えばこれと逆のことをすれば失敗しない。
嫁も子供もいるが脱サラしたい人へ
嫁も子供もいるが脱サラしたいという人のために、成功率が高いとっておきのフランチャイズをご紹介させていただく!
家庭があるけど脱サラしたい人へ
家庭があるけど脱サラしたい人に対して、最適なフランチャイズ独立情報をご紹介している。家庭があっても脱サラ可能だ!

ホーム RSS購読 サイトマップ